2011年2月8日 18時33分

知事ら政府へ「県外」直訴

「基地負担の軽減」沖縄の悲願ともいえる訴え。政府へはこれで何度目の要請でしょうか。

仲井真弘多知事や名護市の稲嶺進市長など、基地に関係する市町村長が8日、東京で管直人総理大臣らと会談し、改めて普天間基地の県外移設などを求めました。

仲井真知事は8日午前、民主党の岡田幹事長、午後には管総理大臣、前原外務大臣、北沢防衛大臣らと相次いで会談し、アメリカ軍・普天間基地の県内移設は難しいとの意向を伝えました。

会談には名護市の稲嶺市長ら、関係市町村長も同席しましたが、岡田幹事長は普天間基地の移設先を辺野古とする2009年5月の日米合意の実現を目指す姿勢を崩しておらず「県外移設は時間がかかる」などとして、話し合いは平行線に終わりました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.