2011年2月3日 11時43分

インフルエンザ 依然流行、注意呼びかけ

News Photo

インフルエンザが依然として流行しています。

県によりますと、県内の1医療機関あたりの患者数は43.57人で、前の週の63.38人より若干減っているものの、依然、流行警報発表基準値の30人を超えています。

先週、中央保健所管内では、基礎疾患を持つ那覇市の50代の男性がインフルエンザの合併症により亡くなりました。今年に入ってインフルエンザによって3人が亡くなっています。

県や医療機関では、手洗いなど予防対策とともに、インフルエンザのような症状が出た場合は、予防対策とともに感染を広げないよう外出を控え、まずは、かかりつけ医で受診するよう呼び掛けています。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.