2011年1月30日 11時56分

前原大臣 普天間基地の県内移設に理解求める

前原外務大臣は29日那覇市内で講演し普天間基地の移設問題に関して名護市には新たな基地負担をお願いする事になるが嘉手納基地以南の基地返還につながると理解を求めました。

講演で、前原大臣は「おととしの衆院選で少なくとも県外、できれば国外と言いながら辺野古に戻った心からおわびする」と謝罪しました。その上で北朝鮮情勢が緊張の度合いを高めていると述べ在日アメリカ軍基地の存在の必要性を訴えました。

講演後の質疑では会場から、「都合の良い質問ばかりが続いている本当の県民の声を聞いて欲しい」と声があがり男性が退場させられる場面がありました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.