2011年11月16日

おじぃちゃんおばぁちゃんの命薬 熱唱!!普久原朝英さん(87歳)

元気なおじいちゃんおばあちゃんを紹介する命薬。きょうは、家族においしいソーキ汁を振舞う普久原朝英さん87歳です。 こちらの美味しいソーキ汁を作っているのは、那覇市の普久原朝英さん87歳。 朝栄さん「作れるから、娘が作っておいてねっ...続きを見る

八重山教科書問題 県教育委員会が再協議求める

教育委員長が八重山地区の教育委員会へ事態解決を求めました。公民教科書の選定を巡る問題で、県教育委員会は16日の定例会で教育委員長が、3市町教育委員会に対して再協議の開催と同一の教科書を採択するよう求めました。 中野吉三郎教育委員長は「是非、3市町...続きを見る

泡瀬干潟 県の埋め立て工事2年ぶり再開

15日、泡瀬干潟埋め立てへの、公金支出差止めを求める裁判が始まりました。そんな中、県は、16日から、中断していた県施行分の工事を再開しました。 工事が再開されたのは、泡瀬干潟を埋め立てて人工ビーチなどを作る東部海浜開発事業で、県が工事を再開するの...続きを見る

九州 沖縄 防衛議員連盟 総会を開催

自衛隊の活動を支援する九州・沖縄の県議会議員や市議会議員らで構成する連絡協議会の総会が、16日、那覇市で開かれました。総会には、九州・沖縄の県議・市議や自衛隊関係者など合わせておよそ130人が参加しました。 あいさつに立った沖縄県の仲井真知事は、...続きを見る

日米麻薬取締協議会 薬物使用増加で取締強化確認

日米の捜査機関が連携して県内の薬物犯罪の取締りを強化しようと、16日、宜野湾市で日米麻薬取締協議会が開かれました。 この協議会は日米の麻薬に関する捜査機関が県内外の薬物犯罪の情報を共有して、捜査の連携や協力関係をさらに構築しようと毎年行っています...続きを見る

10月の観光客数11カ月ぶりの増加

2011年10月の観光客数が2010年の同じ月に比べて11ヵ月ぶりに上回りました。 県の文化観光スポーツ部によりますと、観光客数は、2010年11月から前年同月比で減少を続けていましたが、2011年10月には2010年の同じ月より2万2700人多...続きを見る

NAHAマラソン スターターは満島ひかりさん

12月4日に開かれるNAHAマラソン、2011年のスターターは女優の満島ひかりさんが務めることになりました。 毎年NAHAマラソンのスタートを告げる万国津梁の鐘、2011年のスターター役を務めるのはテレビドラマや映画で人気を集めている沖縄市出身の...続きを見る

健康づくり

大会はお年寄りの健康づくりを目的に開かれたもので、今回も65歳から95歳までのおよそ700人が参加しました。 プログラムの最初は、団体で息の合った踊りを披露しました。そのあとの、サッカー競技では思うように扱えないボールに悪戦苦闘しながら、楽しそ...続きを見る

識名トンネル工事に伴う虚偽の契約 国は補助金の全額返還を県に求める

沖縄総合事務局は、県がトンネル建設工事に伴って、虚偽の契約書を作成して補助金の交付を受けていたとして、補助金全額の返還を求めることを16日までに決めました。 沖縄総合事務局によりますと、県が那覇市の識名トンネルを建設する際、すでに終了していた付随...続きを見る

市民グループ 基地被害訴えるため訪米へ

普天間基地の辺野古への移設反対をアメリカで訴えようという市民グループの集会が15日、那覇市で開かれました。 このグループはアメリカに直接アメリカ軍基地の被害を訴えようと結成されました。11月15日の集会で沖縄国際大学の佐藤学教授が「アメリカは財政...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.