2011年8月23日

Qリポート 奥間ノロになる娘へ父の思い

沖縄の村々には神行事を司るノロやツカサと呼ばれる女性がいますが、なんと80年間、国頭村奥間のノロを務めた、おそらく沖縄で一番古いノロが今年5月16日亡くなりました。93歳で亡くなった大西タケさんがなんと13歳でノロに就任した時に記録がみつかりました。...続きを見る

八重山地区 大揺れの教科書選定

八重山地区の教科書選定を巡る問題は混乱を極めています。八重山採択地区協議会は23日、中学校の教科書を選ぶ協議会を開きましたが、そのメンバーから外された教師や市民たちが抗議を行い、現場は緊迫した状況になっています。 中村裕記者は「協議会の開催中は、...続きを見る

八重山教科書採択協議会 問題化の背景

今回問題になっているのが育鵬社と自由社の教科書。2社の教科書には共通点がありました。 2社の教科書は「新しい歴史教科書をつくる会」の流れをくむものです。いわゆる「つくる会」系の教科書の特徴は、自国中心の考え方を展開し、他の教科書と比べて戦争における加害的...続きを見る

高江通行妨害裁判 証人喚問で防衛局職員言葉濁す

東村高江のヘリパッド建設をめぐる裁判で23日、那覇地裁で証人尋問が行われました。 この裁判は、ヘリパッド建設工事に反対する座り込みをしていた住民が通行妨害をしたとして、沖縄防衛局が裁判を起こしているものです。 23日は沖縄防衛局の工事責任者...続きを見る

八重山地区教科書問題 きょう採択協議会開催

八重山地区の中学校教科書が23日に選定されますが竹富町の慶田盛教育長は、教師から反発が出ている2社の教科書が選定された場合、竹富町の教育委員会は不採択にする考えを明らかにしました。 竹富町の慶田盛安三教育長はQABの...続きを見る

街づくりで防犯対策を

防犯ガラスや植栽など、街づくりを通して犯罪を防ごうと22日、専門家を招いての講習会が開かれました。講習会には県や市の職員、また建設業者などが参加。 なぜそこで犯罪が起こったかという「場所」に着目し、防犯のための具体的な対策が発...続きを見る

葉月会絵画展 個性光る50点を展示

県内在住のアマチュア画家たちの作品展が、23日から那覇市で開かれています。葉月会は、県内に住むアマチュアの画家たちのサークルで、毎年8月に開いている展覧会もことしで33回目。 会員には沖展の入選者も多く、会場には油絵や水彩画...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.