2011年8月19日

揺れる八重山の教科書採択問題

来年度以降に中学校で使用される教科書を巡って、大きく揺れています。石垣市や竹富町、与那国町の教育委員会で構成されている八重山採択地区協議会の規約の改定にたんを発した,採択を巡る問題。これまでの経緯です。 8月10日協議会も臨時総会。今月10日。八...続きを見る

八重山地区教科書採択問題 抗議の渦 日増しに拡大

八重山地区の歴史教科書の採択をめぐる問題は、各方面に大きな波紋を広げています。8月19日も各種団体の抗議が相次ぎました。 問題の発端となった石垣市では、「子どもと教科書を考える市民会議」が、育鵬社、自由社版の教科書を採択しないよう...続きを見る

米軍戦闘機燃料噴出で 三連協が防衛局に抗議

8月16日、アメリカ軍のF15戦闘機が燃料を噴出しながら着陸したことについて、三連協は8月19日、アメリカ軍と沖縄防衛局に抗議しました。 目撃者によりますと、アメリカ軍のF15戦闘機は、8月16日の午後、翼の先端から霧状に...続きを見る

八重瀬町集団暴行事件で 青少年非行防止で共同アピール

2011年6月八重瀬町で起きた集団暴行事件を受け、社会教育関係団体が8月19日、青少年の非行防止の共同アピールを発表しました。 宮城辰三県PTA会長はまず、「地域の子は、地域で守り育てる機運をより一層いっそう高めたい」と話...続きを見る

宜野湾市が防衛局に 伝達の遅れ指摘 事実関係早期に

普天間基地での放射性廃棄物保管情報の伝達遅れや過去の枯葉剤使用報道について、19日、宜野湾市が沖縄防衛局に事実関係を早期に明らかにするよう抗議と要請を行いました。 米須副市長は普天間基地で、軍用機を除染した際に生じた放射性廃棄物が基地内で保管され...続きを見る

世界のウチナーンチュ大会 南米キャラバン出発

2011年10月に開かれる世界のウチナーンチュ大会への参加を呼びかようと、南米キャラバンが19日に那覇空港を出発しました。 南米キャラバンは19日から12日間の日程でペルー、ボリビア、アルゼンチン、ブラジルの4カ国を訪れ、地元の県人会や県庁などで...続きを見る

プロ野球キャンプ 経済効果は過去最高86億円余り

2011年県内で行われたプロ野球春季キャンプの経済効果は、過去最高の86億円あまりだったことがわかりました。 りゅうぎん総合研究所のまとめによりますと、2011年県内で行われたプロ野球春季キャンプの経済効果は86億4800万円と、2010年より...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.