2011年8月10日

Qリポート よみがえる路次楽の音色

琉球王府時代「江戸上り」という幕府への使節団がいました。江戸上りには多くの芸能プログラムがあって、室内で座って演奏する御座楽(うざがく)と旅の道中で行進しながら演奏した「路次楽(ろじがく)」がありました。きょうはその琉球王府時代のマーチングについてお伝えします...続きを見る

普天間基地周辺 風船で「県外」訴え

色とりどりの風船が夏空をのんびりと漂いました。でも、そこは連日、軍用機が飛び交う空です。市民団体が普天間基地周辺で風船を揚げて、基地の県外移設などを求める抗議行動を行いました。 抗議行動を行ったのは、市民団体と、趣旨に賛同した名護市の...続きを見る

一括交付金制度 市町村含めた協議会設置を

県が2012年度からの創設を国に求めている一括交付金制度について市町村に説明し、意見を聴く会合が那覇市で開かれました。 会合には仲井真知事をはじめ、那覇市の翁長市長や、沖縄市の東門市長など7人の市長村長らが出席し県に対して制度...続きを見る

八重山地区 教科書選定委員めぐり混乱

2010年の春から、中学校で使用する教科書の選定をめぐって八重山の採択地区協議会が、これまでメンバーに入っていた学校関係者をはずしたことで混乱が続いています。 この問題は、石垣市や竹富町など3市町で構成する八重山の採択地区協議会が...続きを見る

被災地の子ども達 沖縄の夏を楽しむ

県内のNPO団体などに招待され、8月1日から、沖縄を訪れている被災地の子どもたち。残りわずかとなった沖縄での生活を満喫しているようです。 このプロジェクトは、震災や原発事故の影響で外で安心して遊べない子どもたちに夏休み期間中だけでも思い...続きを見る

基地は県外へ 市民団体が風船揚げ抗議

市民団体が10日午前、普天間基地周辺で風船をあげて、基地の県外移設などを求める抗議行動を行っています。抗議行動を行っているのは、宜野湾市周辺の女性たちで作る市民団体「カマドゥー小たちの集い」です。 10日午前9時、普天間基地を見下ろす嘉数高台公園...続きを見る

子どもたちが撮影した「平和」

世界各地の被災地や紛争地の子どもたちが「平和」をテーマに撮影した写真展が南風原町で開かれています。この写真展は、世界のこどもたちに使いきりカメラを使った写真教室を開いている団体が開催したものです。 今回の写真展にはカンボジアやイスラエルなどの紛...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.