2011年7月4日

稲嶺名護市長が民主県連に要請 日米合意に反対伝える

名護市の稲嶺進市長が4日午後に県議会の民主党会派を訪れ、6月に日米が改めて合意した辺野古への新基地建設に反対する意向を伝えました。 稲嶺市長は県議会の民主党会派を訪れ、民主党県連の新垣安弘代表と面会しました。この中で稲嶺市長は、6月に開かれた日米...続きを見る

日米学生会議 沖縄開催で基地視察も

日本とアメリカの大学生が安全保障問題などを議論する日米学生会議が8月に沖縄で開催されることになり、4日に県庁で記者会見が行われました。 日米学生会議は1934年に日米関係を憂慮した日本学生が創設したもので、毎年、日本とアメリカの大学生が交互に両国...続きを見る

女子ゴルフ プロもアマも県勢活躍

日本女子アマチュアゴルフ選手権で、みごと優勝を果たした本部高校3年・比嘉真美子さんの優勝報告会が4日に行われました。また、3日は先輩の上原彩子プロもツアー3勝目を飾っています。 全校生徒からの拍手のなか、晴れやかな表情で優勝報告会に臨んだ比嘉真...続きを見る

高江座り込み4周年 集会で工事断念を訴える

集落の周りにアメリカ軍のヘリパッドを作らないでほしいと東村高江の住民が座り込みをはじめて4年。7月からの工事再開を前に3日、報告集会が開かれました。 北部訓練場の返還に伴うヘリパッドの移設予定地が高江集落近いとわかり、住民が座り込みを始めたのが2...続きを見る

普天間の固定化 知事「一丸となって動かす」

県議会の6月定例会は、先週に引き続き4日も一般質問が行われ、基地問題などについて質疑が行われました。 一般質問で、社民・護憲ネットの新里米吉議員は、アメリカ議会でグアム移転予算が削除されるなど、アメリカ側の足並みが乱れている今こそ、基地問題解決の...続きを見る

地デジチューナー 無償給付手続きが簡単に

地上デジタル放送への完全移行まで残り20日。7月4日から地デジチューナー無償給付制度の手続きがより簡単に、その場で受け取ることができるようになりました。 これまで県や国は、市町村民税非課税世帯やNHKの受信料全額免除世帯に対して、郵送による受け付...続きを見る

被災地の観光支援を 東北3県応援ツアー出発

大震災の影響で観光客数が落ち込んでいる東北3県の観光地を応援しようと、沖縄からのツアーが4日、那覇空港を出発しました。 県などが主催したこのツアーは2回目、今回は県内観光産業の関係者などおよそ90人が参加しました。 出発式で、沖縄観光コンベ...続きを見る

県議会一般質問 知事「県外移設」強調

開会中の県議会6月定例会は、4日も一般質問が続いています。県議会の6月定例会は1日から一般質問が行われていて、4日午前中は社民・護憲ネットの新里米吉議員、民主党の上里直議員が質問に立ちました。 新里議員は、県選出国会議員が主張している普天間基地を...続きを見る

7月は県産品奨励月間 公共工事は県内企業に優先発注を

7月は県産品奨励月間です。県内の経済団体が4日、県庁を訪れ公共工事を県内企業に優先発注することなどを要請しました。 県工業連合会の湧川昌秀会長は、「県産品の消費が拡大することで、県内での生産力向上と雇用の拡大につながる」と話し、県内企業への優先発...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.