1 / 212

2011年2月8日

地デジカ地名辞典 うるま市

今月のエンディングは、地デジカが県内各地を回って市町村の地名の由来をお伝えしています。きょうは「うるま市」です。 人口およそ11万9000人の「うるま市」。石川、具志川、与那城、勝連の4市町が合併して、2005年に誕生しました。 「うるま」とは、...続きを見る

Qリポート ある受刑者がつづる思い

この手紙は、飲酒運転で死亡事故を起こした女性が心理療法士にあてた手紙です。加害者の女性の獄中からの手紙を通して、人生を一変させる飲酒運転事故の恐ろしさを考えます。 手紙より「私が命を奪い、そしてこれからの未来も奪った。そんな私が笑ったり、幸せにな...続きを見る

知事ら政府へ「県外」直訴

「基地負担の軽減」沖縄の悲願ともいえる訴え。政府へはこれで何度目の要請でしょうか。 仲井真弘多知事や名護市の稲嶺進市長など、基地に関係する市町村長が8日、東京で管直人総理大臣らと会談し、改めて普天間基地の県外移設などを求めました。 仲井真知...続きを見る

東村 高江 ヘリパッド建設予定地きょうも騒然

東村高江区のアメリカ軍のヘリパッドの建設予定地は8日も騒然としました。 昼前、建設反対を訴える人々の倍の人数で現場に来た沖縄防衛局の職員らが、建設現場に入り森林の伐採を進めました。7日に続き、8日も防衛局員らおよそ90人が二手に分かれて住民らが監...続きを見る

基地跡地に子ども達が描く夢

もし、広大なアメリカ軍基地が返還されるとしたら。子どもたちが基地跡地への夢を描く絵画コンクールの審査会が8日に県庁で開かれました。 これは、県の跡地利用対策班が主催したもので、県内の小中学校からおよそ1000点の応募がありました。 応募作品...続きを見る

かりゆし長寿大学校 1年の学習成果を発表

平均年齢67.7歳。生涯現役を目指しているお年寄りが学ぶかりゆし長寿大学校で8日、学習発表会がありました。これは、かりゆし長寿大学校に通う180人の大学校生たちがこの1年に学んだことを振り返り、その成果を発表するものです。 展示ブースには木を使っ...続きを見る

県内で最も古い

県内に残る現役の映画館として最も古い那覇市の「首里劇場」でユニークなライブが10日に行われます。 今から61年前に開館した「首里劇場」。以前は、映画だけでなく沖縄芝居なども上演され、沖縄の大衆娯楽を支える一時代を築きました。舞台裏には、当時面影...続きを見る

京都の雰囲気楽しむ

京都伝統のスイーツや和雑貨を取り揃えた大京都展が8日から那覇市のデパートで始まりました。 会場には、京みやげの定番、生八ツ橋や和菓子を詰め合わせた季節の重箱のほか、レアチーズケーキによもぎ餅を閉じ込めて笹の葉で包んだ洋菓子など、見た目も楽しい京ス...続きを見る

嘉手納の騒音 107db超える

嘉手納基地を離着陸する戦闘機などの騒音や危険な飛行実態を把握するための調査が、2月8日、嘉手納町などで行われています。 この調査は嘉手納町、北谷町、沖縄市でつくる三連協が実施しています。嘉手納町の道の駅や北谷町の二ライセンターなど...続きを見る

美優さん募金 県民の善意で目標額を突破

重い心臓病のためアメリカでの移植手術に希望を託す要美優さん。その美優さんを支援する募金が目標額を突破しました。 会見で父親の要俊明さんは「遠くに見えたアメリカがですね、本当に皆様のおかげで、やっと見えたような感じです」と感謝しました。...続きを見る


1 / 212

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.