2010年12月30日 11時56分

「福袋」づくりも大忙し

新春の楽しみのひとつと言えば「福袋」。那覇市にあるデパートでは、福袋の袋詰め作業がピークを迎えています。

那覇市のデパート「リウボウ」では、商売始めにおよそ5000個の福袋を用意する予定で、29日に行われた袋詰め作業では、レディースファッションを中心とした1万円の福袋、500個を袋詰めしました。

気になる中身ですが、福袋にはこれからの季節に活躍しそうなダウンコートやマフラーなど6点から8点が入っていて、合わせて4万円相当だということです。

慌しい年末年始にこそ笑顔がこぼれるような「福」を詰め込もうと、従業員たちは次々と作業を進めていました。