2010年12月28日 18時18分

クレジットカード現金化行為撲滅へ

クレジットカードを使って現金を貸し付ける行為の撲滅を求め、県内のクレジットカード会社4社が28日、県に要請しました。

「クレジットカード現金化」は、客と事業者がクレジットカードのショッピング枠を悪用し、商品の売買があったかのように装い、クレジットカード会社から現金を得る行為で、ヤミ金融が現金を貸し付ける手法として問題化しています。

クレジット会社4社は貸金業法が改正された今年から、法の網をぬったカード現金化の業者が県内で増えているとして、県に対して撲滅への協力を要請しました。

要請を受けた県側は、会社と連携して取り組んでいく考えを示しました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.