2010年11月29日 18時44分

政府 県との交渉再開に向け慎重に対応

仲井真知事の再選に対する政府の反応です。福山官房副長官は今後、普天間問題での県との交渉再開に向けて慎重に対応する方針を示しています。

福山哲郎官房副長官は「普天間の問題についてはきのう申し上げた通り、5月の日米合意を踏まえて、一方で沖縄の負担軽減に全力を尽くし、真摯に沖縄の皆様の理解を求めていきたいという考えに変わりはない」「政府内で慎重に検討した上で対応していきたいと思っている。」と話していました。

そして北沢俊美防衛大臣は「仲井真さん自身は、経済振興を非常に強調していたと私どもは理解しているので、その辺りで政府との間で協議を進めていく余地はたくさんある。」「片方に日米合意があり、片方に沖縄県民の意思がある。そこの非常に難しいところを協議していく。それをセパレートすることは本来成り立たない。」と話していました。

北沢防衛大臣は政府と県による政策協議会などの場で県との交渉を再開する方針です。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.