2010年10月2日 17時46分

馬淵担当大臣 「きょうは要望として承った」

沖縄を訪れている馬淵沖縄担当大臣は、仲井真知事との会談に続き市町村会の代表らと懇談し、振興策などの要望を受けました。

この中で名護市の稲嶺市長が普天間基地の名護市辺野古への移設は受け入れられないと改めて伝えましたが、大臣からの言及はありませんでした。

また他のメンバーからは沖縄振興特別措置法に代わる新たな振興策についての要望が寄せられました。

馬淵澄夫大臣は記者団の質問に対し「どのような形で新しい局面を作り上げるかはこれらを並行して進めていくことだと思っていますので、きょうはご要望として承ったということであります」と答えました。

大臣はこの後、普天間基地を視察し、沖縄防衛局の局長から騒音や事故の危険性に関する説明を受けました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.