2010年9月30日 18時31分

民主党選対委員長 知事選は「同じ方向の人を」

11月の知事選挙について民主党の渡辺選対委員長は「党や政権の方針と同じ方向の人でないと支援できない」と県連幹部に伝えました。

30日午後、民主党県連の幹部は党の選対委員長に就任した渡辺周委員長と初めて会談し、知事選について協議。県連側は「普天間基地の辺野古への移設は不可能。県外・国外への移設を求める」という知事選に向けたスタンスを説明しました。

これに対し民主党・渡辺周選対委員長は「政権の方針に、同じ方向に向いている方でないとそれは支援できませんという話をしました」と話しています。

また「政府に県外移設を求める」と発言した仲井真知事については「(Q.仲井真さんを推すという選択肢もあるんですか?)現実問題としてはなかなか難しいんじゃないですか」と話しています。

協議に訪れた民主党県連・瑞慶覧長敏副代表は「どこまで一致点を見出せるかです」と困惑した様子。参議院選挙で独自候補も推薦も出せなかった民主党県連。知事選でも難しい状況に立たされています。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.