2010年8月11日 19時32分

65年前のきょうは1945年8月11日(土)

News Photo

65年前の8月中旬、沖縄戦が終わったのを知らず、逃げ惑っていた少年兵たちがいました。

宮平盛彦さん「女の子なんかが、ところどころ潮だまりがあるでしょ、そこに浮いていたりして、本当に痛ましい状況でした」

糸満市の喜屋武岬に立ち複雑な思いで海を見つめるのは、宮平盛彦さん。沖縄戦当時、わずか14歳で「通信隊」に編入された宮平さんは、8月になっても戦争が終わったことを知らず、南部の険しい海岸べりや、アダンの林を必死に逃げ惑っていました。

宮平さんにはいまも忘れられない体験があります。北部を目指して、西原辺りを逃げていた8月中旬、突然、海の方から大きな音が聞こえたのです。

宮平さん「打ち上げ花火みたいにずっと上空に大砲も撃つし、サーチライト、あれを上空に照らしていた、乱舞していた」

後で振り返るとそれは8月15日。戦争の勝利を祝うアメリカ軍のセレモニーでした。

多くの仲間たちが捕虜になる中、彼が終戦を知ったのは11月のこと。しかし、そのときには彼の両親も兄弟も仲間の多くも戦死。宮平さんは一人ぼっちになっていました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.