2010年6月17日 11時44分

県議会 外来機飛来などの中止要請

News Photo

嘉手納基地への外来機の飛来とクラスター弾を使用した訓練の中止を求めるため、県議会のメンバーが、17日外務省沖縄事務所を訪れました。

16日に開会した県議会では嘉手納基地への外来機の相次ぐ飛来やクラスター弾を使った訓練をアメリカ軍が沖縄近海で実施していることに対する意見書と抗議決議を全会一致で可決しました。

外務省沖縄事務所を訪れた米軍基地関係特別委員会の渡嘉敷喜代子委員長は、「問題を解決するためには、まずはアメリカ側と話し合いを持つことが必要」と訴えました。

これに対し樽井沖縄担当大使は、「クラスター弾はアメリカにも禁止を求めていく」と述べる一方で、外来機の飛来は、「運用の裁量権はアメリカ軍側にある」と述べるに留めました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.