2010年5月31日 11時45分

稲嶺名護市長 政権離脱は非常に残念

News Photo

名護市の稲嶺市長は政府の名護市辺野古への基地建設を盛り込んだ閣議決定を批判。また、社民党の政権離脱には非常に残念だと答えました。

名護市・稲嶺進市長は移設先に辺野古を盛り込んだ閣議決定について「(県民大会や市民の緊急集会などで)県内だめ、辺野古はだめというそのことをみんなが意思表示したということなんですよね、そのことからも、とても許せるものではない。」「県民、あるいは国民に対する約束、公約だと思うんですよ、それを自ら否定してやるということについてこれはもう政治家として、党として、やるべきことではない」と述べました。

そして今後、政府の働きかけがあっても信念を貫くと語りました。「これまでどおり、辺野古の海にも陸にも造らせないといってきたわけですから、それはこれからもずっと信念をもって貫いていく。」また、社民党が鳩山連立政権から離脱することを決めたことについては、「非常に残念。違う意見を排除するということは、連立のあり方としておかしいと思う。」と述べました。

また、仲井真知事は「ひとつの政党が決める事なのでぼくがああだこうだというのはどうですかね」と政権離脱に関しては明言を避けました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.