2010年5月26日 11時45分

日米防衛相会談「辺野古で合意」促す

News Photo

日米の防衛のトップが日本時間の26日未明会談しアメリカのゲーツ国防長官は普天間基地の移設問題について連立政権や沖縄側と合意するよう促しました。

アメリカの国防総省で開かれた協議には、北沢防衛大臣とゲーツ国防長官が出席。普天間基地の移設問題につては日米の防衛当局が緊密に連携し解決に取り組む方針で一致しました。

その際ゲーツ長官は「まだ重要な作業は残っている」と述べて連立政権や沖縄側と合意するよう促しました。

日米両政府は名護市辺野古のキャンプシュワブ沿岸部付近に代わりの施設を造ることなどを盛り込んだ共同声明を発表する方向で調整を進めていますが、連立を組む社民党が難色を示しています。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.