2010年3月31日 18時32分

センバツ甲子園 興南快進撃ベスト4

10-03-30-04.jpg

ベスト8が激突する準々決勝快進撃を続ける興南高校が準決勝に勝ち上がりました。

「春の旋風を甲子園で巻き起こしている興南ナイン。次なる相手は優勝候補の帝京高校です。」

興南はきょうも積極的な攻めを1回から展開します二人倒れたあと、連続最多安打の新記録がかかるキャプテン我如古。記録達成はならなかったもののセカンドのエラーを誘いチャンスを作ります。

我如古選手のお父さん「運ですよやっぱり運が良いんですよ」

この回は得点に結びつきませんでしたが3回、先頭バッター国吉大陸がヒットで塁に出るとバッターボックスには、2番慶田城開。慶田城選手「自分の仕事はランナーを進めることなのでヒットは意識せずにランナーを進めてチームバッティングできれば良いなとおもっているんですけど」慶田城が、しっかり仕事を果たし、チャンスを広げると続くバッターはキャプテン我如古

頼れるキャプテンのタイムリーで興南が先制します。さらに興南は7回、2アウト2塁3塁のチャンスに再び慶田城がタイムリー、2点を追加すると、続く我如古もタイムリー。チャンスに畳み掛ける攻撃でこの回一挙3点、東京大会の王者、帝京を突き放します。

島袋洋奨選手「常にどのバッターでも負けないように気持ちで押していきたいと思います」投げてはエース島袋が、7奪三振の完封勝利興南センバツ初の準決勝進出です!

島袋洋奨選手「沖縄からやってきたことが甲子園の舞台で全員が出し切れているのでその結果がつながってベスト4入りできたと思います」「目標は優勝なんですけど次の準決勝をしっかりとりたいと思います」

慶田城開選手「一戦一戦大事に戦うことが決勝進出につながると思っているのできょうも明日も変わらずに一戦を大切に戦っていきたいと思います」

興南は決勝進出をかけ明日の第1試合で大垣日大と対戦します。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.