2010年2月27日 11時54分

糸満市で震度5弱 一時津波警報

News Photo

27日午前5時31分ごろ、沖縄本島近海を震源とするマグニチュード6.9の地震がありました。糸満市で震度5弱を観測した他、県内各地で震度4から1を観測しました。またこの地震のため、一時津波警報が出され、最大で10センチの潮位の変動がありました。

今回の地震では糸満市で震度5弱、那覇市や豊見城市、本島中部で震度4、そのほかにも西表島から九州まで広い地域で地震が確認されました。

また地震発生直後には各地に津波警報が発表され、南城市でおよそ10センチの津波を観測、その後午前7時に全ての警報・注意報は解除されました。

震度5以上が沖縄本島地方で観測されたのは1911年以来のことで気象台では現在も観測を続けていますが、これまでのところ震度1を超える余震は観測されておらず、今後また大きな地震が起こる予兆はないと話しています。

いっぽうこの後も海面の変動はしばらく続く見込みで、磯釣りや海岸でのレジャーはとくに注意するよう注意を呼び掛けています。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.