2010年1月30日 17時47分

下地衆院議員が三連協へ 嘉手納統合案を説明

News Photo

普天間基地の移設問題で30日、国民新党の下地幹郎政調会長が新嘉手納統合案について、嘉手納町、北谷町、沖縄市でつくる三連協と意見を交わしました。

北谷町役場を訪れた下地議員は、政府与党の検討委員会に「新嘉手納統合案」を国民新党の案として提出する予定だと説明し、三連協に意見を求めました。

この中で下地議員は「普天間の危険性除去と嘉手納の騒音、この2つを同時に解決したいというのが私の案の根本」と説明。これに対し嘉手納町の宮城篤実町長は「三連協としても嘉手納町としても立場は一緒で、いかなることがあってもその案はのめない」と述べました。

下地議員は「嘉手納基地の部隊の半分を三沢基地へ移動したり外来機の飛来先を関西空港にするなどして負担軽減を実行してから、普天間基地のヘリ部隊を嘉手納基地に統合したい」と説明しましたが、話し合いは平行線に終わりました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.