2010年1月17日 17時47分

名護市長選挙告示 現職と新人の一騎打ち

News Photo

任期満了に伴う名護市長選挙が17日に告示され、新人の稲嶺進さんと現職の島袋吉和さんの一騎打ちが決まりました。

名護市長選挙には、新人で市の元教育長の稲嶺進さんと、現職で2期目を目指す島袋吉和さんが立候補しています。

17日朝の出陣式で稲嶺さんは、「私たちは長い間辛い思いをしてきた。もう辺野古の海に基地は造らせない」と述べ、辺野古への基地建設計画に反対する考えを改めて表明。基地に頼らない街づくりを訴えました。

一方、島袋さんは17日朝の出陣式で、「継続は力。これからも活力のあるやんばる、名護市の街づくりにまい進していきたい」と述べ、4年間で1000人の雇用を生み出したと強調。さらに雇用を拡大して福祉や教育の充実を図りたいと訴えました。

名護市長選挙は今月24日に投票、即日開票されます。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.