2010年12月6日

65年前のきょうは1945年12月6日(木)

65年前の12月、いち早く復興が始まった那覇市の壺屋で、戦後初めての陶器が焼かれました。 1945年12月、戦後初めての窯で焼かれたお椀です。11月に先遣隊103人が戻って来た那覇市壺屋。およそ1カ月の間に家族や親戚などが次々と戻り、12月には...続きを見る

Theスポーツ 感動! 笑顔! NAHAマラソン

午前9時、今年で26回目の開催となるNAHAマラソンがスタート!スターターは、プロゴルファーの上原彩子選手と来年2月沖縄でキャンプをはる読売ジャイアンツの阿部慎之助選手が務めました。 ランナーの安全確保のため初めて人数制限を設けた今年は2万3402人...続きを見る

Theスポーツ コラソン3カ月ぶりホーム戦!

ハンドボールの日本リーグ3ヶ月ぶりにホームに帰ってきた琉球コラソンの結果です。今シーズン新戦力が加入し攻守にバリエーションが増えたコラソン,序盤はリーグ4位のトヨタ紡織九州とシーソーゲームを展開しますが、スピードアップする相手に次第にリードを許します。 ...続きを見る

那覇市首里 クレーン車転倒 民家や乗用車被害

6日、那覇市のアパートの工事現場でクレーン車が横転し、電柱や民家の車庫が壊れる事故がありました。けが人はいませんでした。 山城記者は「クレーン車はコンクリート製のパイルと呼ばれる杭を荷台から降ろそうとした際に、バランスを崩して転倒し、そのまま住宅...続きを見る

日米共同演習抗議集会「軍備増強は許さない」

今月3日から行われている日米共同演習に抗議する集会が6日に那覇市で開かれ、およそ150人が演習中止を訴えました。 大会では全員で「戦争挑発をゆるさないぞ、戦争挑発をゆるさないぞ」とシュプレヒコール。沖縄平和運動センターが呼びかけた集会には、政党や...続きを見る

名護・宜野湾市長 知事と会談 県外移設に向け協力確認

名護市の稲嶺市長と宜野湾市の安里市長は6日に仲井真知事と県庁で面談し、普天間基地の県外移設に向け協力していくことを確認しました。 面談は稲嶺名護市長と安里宜野湾市長から知事側に申し込んだもので、知事が当選後さっそく上京し、菅総理に普天間基地の県外...続きを見る

那覇市老人芸能発表会 踊りにダンス生き生きと

那覇市内の各地の老人クラブに通うお年寄りが、日ごろの練習の成果を披露する芸能発表会が6日に那覇市民会館で開かれました。 発表会は各クラブの親睦を深め健康増進を目的に、那覇市内の19のクラブからおよそ300人が参加。大きな舞台で踊ることで普段のク...続きを見る

年賀状筆耕サービス

年賀状の準備のお手伝いです。6日から、県内7箇所の郵便局で、年賀状にプロの書家が筆書きするサービスが行われています。このサービスは期間中、年賀はがきを50枚以上購入した人を対象に、プロの書家が新年の挨拶を5枚まで筆書きしてくれるとい...続きを見る

「県産木」をもっと利用して

リュウキュウマツやセンダンなど県産木の魅力を伝える展示会が、6日から那覇市で開かれています。この展示会は、まっすぐ伸びた木が少なく、使いにくいとされていた県産木のよさを知りもっと利用してほしいと、沖縄総合事務局が開いたものです。 展示されてい...続きを見る

金色のサナギのツリー

クリスマスシーズンが到来し、宮古島市では、ちょっと変わったクリスマスツリーが展示されています。クリスマスツリーの飾りに交じって金色の輝きを放っているのは、オオゴマダラのサナギです。オオゴマダラは、日本で最も大きなチョウで、そのサナギは光沢のある金色をし...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.