2010年8月30日

安全・安心まちづくり講習会 犯罪のないまちを目指そう!

犯罪のない安全・安心なまちを目指そうと、まちづくりの観点から防犯を考える講習会が、30日那覇市で開かれました。これは、犯罪のない安全で安心して暮らせる沖縄県を目指そうと2004年から、県が取り組んでいる「ちゅらさん運動」の一環で開かれたものです。 ...続きを見る

65年前のきょうは1945年8月30日(木)

沖縄戦では、20数万人の犠牲者が出ただけではなく凄まじい戦火によって数多くの歴史的建造物が破壊されました。65年前のきょうの糸満です。艦砲射撃や迫撃によって地上のあらゆるものは焼きつくされています。かろうじて亀甲墓は原型を留めていますがアメリカ...続きを見る

Theスポーツ 中学生も快挙400Mリレー優勝

では、はじめに先週月曜日、鳥取県で行われた全国中学校体育大会陸上競技、男子400メートルリレーで浦添中学校の4人がこの種目で県勢初の全国制覇を達成しました。この優勝の陰に、興南の甲子園春夏制覇もあったようです。4人に話を聞いてきました! 先週月曜...続きを見る

Theスポーツ サッカー 「天皇杯」出場かけ決勝戦

続いては、サッカーです。サッカーの国内3大タイトルのひとつ天皇杯全日本サッカー選手権大会への出場権をかけた県大会の決勝戦がきのう行われました。 昨年の王者、沖縄かりゆしFCが今年1月に解散したため、王者不在となる中での異例の県大会決勝で激...続きを見る

仲井真知事 沖振法に代わる法律制定求める

仲井真知事は前原沖縄担当大臣を訪ね、来年度で期限が切れる沖縄振興特別措置法にかわる新たな法律の制定を求めました。一方、普天間基地移設に関する日米実務者協議については計画が頭越しに進んでいると不快感を示しました。 会談した仲井真知事は沖縄振興特別措...続きを見る

民主党県連 「県外・国外」主張の候補者推す

民主党県連は30日夕方会見を開き11月の知事選では党本部の方針とは異なる普天間基地の県外・国外への移設を主張する候補者を推すことを発表しました。 民主党県連は県知事選挙に関する基本政策の中で「普天間基地の辺野古への移設は県民の合意が得られず不可能...続きを見る

道路ボランティア協定 地域の道路を自分達できれいに

30日、地域の道路を自分たちでキレイにしようと自治会や企業が那覇市と道路ボランティア協定を結びました。協定を結んだのは、那覇市の住吉区自治会と企業の3団体です。 3つの団体は定期的に道路清掃をボランティアで行い那覇市側が清掃後のごみの回収を行って...続きを見る

お年寄りの目線で交通安全 さっそう!95歳の一日警察署長

高齢者の交通死亡事故が多発するなか地域のお年寄りを一日署長に迎えての交通安全キャンペーンが30日、本部警察署で行われました。 本部署では30日、町内に住む稲嶺盛栄さんに委嘱状を交付したあと署員の服装や装備点検が行われました。 こ...続きを見る

熱戦展開! 全宮古角力大会 白熱

宮古島では29日、全宮古角力大会が行われ、角力愛好家らが熱戦を繰り広げました。 サニツ浜公園で行われた第1回全宮古角力大会には、多良間島から参加したチームを含め、小学生から一般まで大勢の角力自慢が参加しました。 参加者たちは...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.