2010年7月5日

65年前のきょうは1945年7月5日(木)

日本軍による組織的な戦闘が終わった後も多くの敗残兵が南部に残り、7月に入っても断片的な戦闘は続きます。 投降のビラをアメリカ兵に手渡し、血だらけの状態で捕虜となる日本兵。本島南部では第32軍を率いた牛島満司令官が6月下旬に摩文仁の洞窟内で自決し...続きを見る

Theスポーツ 熱闘!ベスト8へ

きのうからベスト8をかけた戦いが始まった夏の高校野球激しい攻防の末南風原が第1シードの小禄を破る金星を飾った試合と今大会最長の延長13回までもつれ込んだ沖水対沖尚の一戦を合わせてどうぞ。 第1シードの小禄を相手に1回2点を先制した南風原でしたが、その...続きを見る

シリーズ2010参院選8 厳しい雇用情勢その対策は

参議院選挙には、社民・社大推薦の山城さん、共産党推薦の伊集さん、幸福実現党公認の金城さんの新人3人が自民党公認で現職の島尻さんに挑むかたちです。 シリーズでお伝えしている2010参院選。きょうは各候補者の訴える経済、雇用対策についてです。実近記者です。 ...続きを見る

県口蹄疫対策会議 防疫体制引き続き徹底を

宮崎県の口蹄疫問題で、県は5日、3回目の対策本部会議を開き、今後の侵入防止対策や畜産農家への支援について話し合いました。 会議では7月1日に非常事態宣言の一部解除を発表した宮崎県で、4日にあらたに1頭の感染疑い例が確認された事、およそ27万頭あ...続きを見る

モズクの魅力知って

全国一の生産量を誇る沖縄の養殖モズクの魅力を子どもたちに知ってほしいと、5日に那覇市の小学校でモズク料理教室が開かれました。モズク料理教室はモズクの消費拡大プロジェトの一環で県農林水産部が企画したものです。 5日のメニューはモズク入りのヒラヤーチー...続きを見る

街頭キャンペーン 献血に理解と協力を

献血への理解と協力を呼びかける愛の血液助け合い運動の街頭キャンペーンが5日に那覇市で行われました。 このキャンペーンは日本の検査基準に沿った血液製剤を国内の献血で確保する体制を整えたいと実施されているものです。 県赤十字血液センターの屋良...続きを見る

期日前投票 1万人以上投票者減る

参議員選挙は投票日まで折り返し地点に入っていますが、4日までに期日前投票を済ませた人は前回の参議員選挙と比べ1万人以上減っていることがわかりました。 県選挙管理委員会によりますと、6月25日から始まった参議員選挙の期日前投票には7月4日まで...続きを見る

県議会文教厚生委員会 がん対策条例制定で参考人質疑

県議会は5日、文教厚生委員会をひらきがん患者が充実した医療を受けるための「県がん対策推進条例」について、参考人質疑を行いました。 参考人質疑には県がん患者会連合会の役員4人が、県内のがん医療の在り方について説明した上で、条例の制定を訴えまし...続きを見る

ビオスの丘写真展 豊かな自然の中で過ごすひと時を

美しい自然やそこで遊ぶ子供たちなどのどかな光景をとらえた写真展がうるま市で開かれています。 うるま市の「ビオスの丘」で開かれている写真展はビオスの丘園内で撮影した写真をひろく公募し入選作品を展示しているものでことしで12回目を迎えます。 ...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.