2010年3月19日

65年前のきょうは1945年3月19日

65年前、少女は、終業式を目前に家族で北へと逃げました。 当時の楚辺小学校高等科1年生だった照屋文子さん。教室は日本軍に取り上げられるなか、登校時には決まってすることがありました。 照屋文子さん「ルーズベルト、チャーチルのわら人形があって...続きを見る

“核密約”で元条約局長 有識者委員会見解に異論

沖縄への核の再持ち込みなど、日米間の一連の密約問題に関する参考人質疑が19日、衆議院外務委員会で行われました。 委員会には、密約文書に関わった元外務省幹部や返還軍用地を更地に戻すための費用、いわゆる「復元補償費」を日本側が肩代わりした密約をスク...続きを見る

うるま市議会 「勝連沖案」に反対決議

普天間基地の移設先として勝連半島の沖合が取りざたされていることに対し、うるま市議会は19日、移設に反対する意見書を可決しました。 普天間基地の移設先について政府関係者の一人は、有力な候補地として勝連半島の沖合を埋め立てる案が政府内で挙がっている...続きを見る

仲井真知事 ノーコメント

仲井真知事は、17日に東京で知事が北沢防衛大臣と面談し、大臣から勝連沖案などについて意見を聞かれたとする一部報道について「ノーコメント」と回答を避けました。 19日午前の定例会見で、仲井真知事は報道について「官邸と関係を密にいろいろな意見交...続きを見る

鳩山総理大臣「県外難しいが県民の気持ち大事に」

普天間基地の移設先について鳩山総理大臣は19日、「県外移設は難しいが、県民の気持ちを大事にし、がんばっている」と述べました。 鳩山総理大臣は19日夕方、記者団の質問に対し「県外(移設)は難しいけれども、しかし私どもとすれば県外というものも当然、...続きを見る

高江ヘリパッド建設問題 「通行妨害」めぐり争う

アメリカ軍のヘリパッド建設に反対して座り込みをする住民に対し、国が通行妨害禁止を求めている裁判の一回目の口頭弁論が19日、那覇地裁で開かれました。 この裁判は、アメリカ軍のヘリパッド建設が進められている北部訓練場のゲート前で、建設現場近くの東村...続きを見る

仲井真知事 北沢大臣との面談「ノーコメント」

仲井真知事は17日、都内で北沢防衛大臣と面談した際、「県外移設は難しい」と伝えられたとの一部報道について、ノーコメントとして明言を避けました。 仲井真知事は報道について官邸と関係を密にいろいろな意見交換をしていると述べた上で次のように述べました...続きを見る

衆院外務委員会 「密約」で4人参考人招致

沖縄返還の際の核兵器の再持ち込み密約問題で、外務省の元条約局長が、「佐藤総理とニクソン大統領との間の約束が国民に伏せられたのは密約である」と、初めて密約の存在を認めました。 参考人質疑の中で、緊急時の沖縄への核の再持込について密約ではないと...続きを見る

嘉手納ラプコン 31日に日本側へ移管

日米両政府は18日の日米合同委員会で現在、アメリカ軍が管理している沖縄本島周辺の航空管制の業務を3月31日に日本側に移すことに合意しました。 沖縄本島と久米島周辺の空域では復帰後も、アメリカ軍が航空機の管制業務を行っていて、那覇空港を利用す...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.