2010年2月26日

65年前のきょうは1945年2月26日

異国の戦争のために強制的に動員された朝鮮人の軍夫達。沖縄でも過酷な労働を負わされ、その殆どが、祖国の土を2度と踏むことなく人生を終えました。 太平洋戦争中、沖縄に強制的に連行されてきた朝鮮人軍夫。65年前のこの時期、宮古島の平良港で輸送船から弾薬や...続きを見る

がんじゅうへの扉 子宮頸がんの最新予防法は

Q検診を受けたことは? 20歳代の女性「してないです」Qいくつくらいの人に多い病気だと思いますか?「30代くらい40代とか」Q検診を受けたことは?「まだですね。受けようかなとおもっていたんですけど」28歳の美容師さん「受けたことはないんです...続きを見る

宜野湾市 国提訴の可能性検討へ

政府の責任を追及したい考えです。宜野湾市の伊波市長は、普天間基地の危険性を放置しているとして、日本政府を相手に訴訟を起こすか検討するための調査予算案を市議会に提案しました。 午後、会見した宜野湾市の伊波市長は、普天間基地が著しく安全対策が...続きを見る

津堅島 夜間の急患は海保が

うるま市津堅島では2010年4月から夜間の救急患者の本島への搬送を海上保安本部が行うことになり、26日に島で搬送訓練が実施されました。 津堅島ではこれまで夜間の急患は民間のフェリー会社が搬送していましたが、うるま市は2009年12月、これ...続きを見る

省エネ大賞・省エネセンター会長賞 県立北部病院と業者へ

エコに貢献した企業や団体に贈られる経済産業省の省エネ大賞をこのたび県立北部病院と病院に設備を納入した業者7社が受賞しました。 北部病院で行われた表彰式には病院関係者のほか、設備業者の担当者らが出席しました。そして2月10日の東京での授賞式...続きを見る

知事が合同訓練を視察

嘉手納基地で実施されている日米合同訓練を仲井真知事が26日朝、安保の見える丘から視察し、アメリカ軍機の騒音を体感しました。仲井真知事は午前7時に嘉手納町の安保の見える丘を訪れ、嘉手納基地で26日まで実施される予定の日米合同訓練を視察しました。 ...続きを見る

仲井真知事 県内移設を断る姿勢示す

普天間基地の移設問題で、仲井真知事は、県内移設は断る状況があるかもしれないと述べ、初めて県内移設に反対する考えを示しました。これは26日に開かれた県議会の一般質問で、自民党の照屋守之議員が質しました。 照屋議員は、25日北沢防衛大臣が、キ...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.