2010年2月16日

特集 島は戦場だった 軍神として祀られた大舛大尉

きょうの特集は、毎日エンディングでお伝えしている「オキナワ1945」の拡大版をお送りします。与那国出身の軍人、大舛松市(おおます まついち)大尉は1943年1月、ガダルカナル島で戦死。その年の10月に県人として初めて個人感状と天皇に戦地...続きを見る

稲嶺名護市長 基地問題への支援求める

就任後初めての面談。控えめな表現ながら基地問題への支援を求めました。辺野古への基地建設反対を掲げ初当選した名護市の稲嶺市長が16日に仲井真知事を訪ねましたが期待した回答はなかったようです。 就任後初めて仲井真知事を訪ねた稲嶺市長。今回はあ...続きを見る

普天間移設先 候補地案の提示 先送り

足並みをそろえて提出するそうです。普天間基地の移設問題で、17日の政府与党検討委員会で予定されていた社民党と国民新党による移設案の提示が先送りされることになりました。 民主党・山岡国対委員長は「そういう会は17日はまだ開かない。政党の意見...続きを見る

「普天間」県内移設反対意見書案 与野党きょうも協議続く

普天間基地の県内移設に反対する意見書を巡り、調整作業が続いている県議会与野党の協議は、結論が18日に持ち越されました。 与野党協議はこれまで、与党の自民、公明が「政権が代わり、基地受け入れに反対する名護市長が誕生したことで、県民の意思であ...続きを見る

ウェッブ上院議員 基地問題解決に意欲

アメリカ連邦議会のジム・ウェッブ上院議員が16日、県庁で仲井真知事と会談し、沖縄の基地問題解決に意欲を示しました。ウェッブ上院議員は、1969年から72年まで海兵隊員として沖縄に駐留し、その後はジャーナリストとして沖縄を訪れています。 会...続きを見る

鳥インフルエンザ 予防措置を確認

現在、流行している新型インフルエンザの発生から拡大はあっという間でした。その新型インフルエンザよりも強毒性の鳥インフルエンザが流行し始めた場合、どうするか。16日、那覇市では検疫対応を確認する訓練が行われました。 この机上訓練は強毒性で感...続きを見る

確定申告スタート 電子申請「e-Tax」3割

2009年分の所得税の確定申告が16日から始まりました。県内5カ所の会場のうち、浦添市産業振興センターでは儀間光男浦添市長と金城豊明豊見城市長がインターネットによる確定申告、e-Taxシステムで電子申告を行いました。 沖縄国税事務所によりま...続きを見る

那覇市とNPO 真嘉比収集の遺骨を納める

那覇市真嘉比で2009年に収集された、沖縄戦で亡くなった人々の遺骨が、15日に平和祈念公園に収められました。この遺骨収集は2009年10月から2カ月間、那覇市の緊急雇用創出事業として行なわれ、失業者など55人が携わり...続きを見る

中部農林高が開発 ドラゴンフルーツパン販売へ

中部農林高校の生徒たちが開発したドラゴンフルーツのジャムの入ったパンが、県内のコンビニで販売されることになりました。 開発された「ドラゴンフルーツdeパン」は、中部農林高校食品科学科の1年生が果実の栽培から手がけたドラ...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.