1 / 212

2010年2月2日

65年前のきょうは1945年2月2日

65年前のきょう、大宜味村の喜如嘉では戦意高揚のため村主催の葬儀が行われました。 平良真平さん(80歳)。13歳の時に大宜味村の喜如嘉小から旧制県立二中へ進学。親元を離れて下宿生活がはじまったのは1944年のことでした 平良さん「もう勉強...続きを見る

Qリポート 台湾で人気!沖縄旅行本

お隣の国、台湾では、今ちょっとした沖縄ブームが起きていて多くのツアーや個人客が沖縄を訪れています。 このブームの発端となったのが、この本。「亜洲慢慢来」、「のんびり行こう、アジア」という意味です。去年9月に発売され、数か月間ベストセラ...続きを見る

沖縄基地問題検討委 移設先 来月中に具体案

政府の動きが加速しています。政府は普天間基地の移設先を検討する委員会で、移設先の具体案を3月中にまとめる方向で調整に入りました。 政府与党で作る検討委員会は2日夕方に総理官邸で会合を開き、意見を交わしています。 政府は鳩山総理大臣が...続きを見る

日米外務・防衛局長級会合 米軍辺野古にこだわる姿勢

アメリカ側は辺野古移設にこだわる姿勢を崩しませんでした。 日米両政府は2日、外務・防衛の担当局長らによる会合を開きました。日米安保改定50年に合わせ、両国の「同盟の深化」を目的としたこの協議には、日本側から外務省の梅本北米局長や防衛省の高...続きを見る

嘉手納町議会 統合案反対を外務省に直訴

嘉手納町議会のメンバーは2日に外務省を訪れ、国民新党が与党協議で提案する予定の嘉手納統合案について「絶対に受け入れられない」と強く抗議しました。外務省を訪れたのは嘉手納町議会の田崎議長と基地対策特別委員会のメンバーです。 町議達は復帰後に...続きを見る

沖縄21世紀ビジョン答申 アジアの交流拠点として自立めざす

沖縄の向こう20年のあるべき姿を描く沖縄21世紀ビジョンの策定に向け、審議を行ってきた県振興審議会は、仲井真知事に対し、とりまとめた案を答申しました。 沖縄21世紀ビジョンは、2012年3月で期限切れとなる現行の沖縄振興計画に代わる新たな...続きを見る

函館物産展

気温差は何と20度以上。函館の海の幸を一堂に集めた物産展が2日から那覇市のデパートで始まっています。 6回目となる函館物産展には、香ばしいイカ飯を初め身がぎっしり詰まったタラバガニや毛ガニ、イクラやホッケなど新鮮な海産物が勢ぞろいしています。初...続きを見る

児童福祉施設へチケット贈呈

児童福祉施設の子どもたちに届けてくださいと、コールセンターを営む企業が琉球ゴールデンキングスの観戦チケット130枚を県に贈呈しました。チケットを贈ったのは自動車損害保険会社のコールセンターを開設する安心ダイヤルです。 贈呈式にはキングスの...続きを見る

普天間など協議 日米外務・防衛局長級会合

普天間基地の移設問題などを話し合うため日米両政府は2日、外務・防衛の担当局長らによる協議を外務省で開いています。この協議は日米安保改定50年に合わせ、両国の「同盟の深化」を図る取り組みの実質的なスタートとなります。 協議には、...続きを見る

米軍ヘリパッド建設 沖縄防衛局「工事を再開」

東村高江に隣接するアメリカ軍北部訓練場でのヘリパッド建設問題で、沖縄防衛局は1日夕方、高江区の住民を対象に説明会を開き、工事の再開を伝えました。 説明会には、沖縄防衛局の真部朗局長や職員、東村役場の職員、そして高江地区...続きを見る


1 / 212

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.