2009年5月31日 11時55分

沖縄の意見提言を ダイレクトに政権中枢に…

News Photo

政権の中枢に沖縄の意見や提言をダイレクトに届けようと国会議員経験者や行政長、学識者などが参加する政策団体が30日発足しました。

「沖縄民主連合政策懇話会」は今年行われる衆議院選挙での政権交代をにらみ、基地問題や経済をはじめ山積する沖縄の問題を中央にダイレクトに伝える政策団体を目指そうともと国会議員や学識者、野党系の議員らによって発足したものです。

30日夜おこなわれた設立報告会で共同代表の大田昌秀さんや島袋宗康さん、町田宗徳さんは「政権交代が実現すれば、国策に阻まれ解決の糸口が見えなかった基地問題は一気に解決へと向かう可能性がある」と述べこのタイミングを逃がすことなく、党や派閥を超えて沖縄問題を的確に中央に伝えようと口々に訴えました。

政策懇話会は発足後、さっそく上京し複数の国会議員との面談を計画しているということです。


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.