2009年5月30日 11時55分

自民党県連 小渡亨氏の処分で拡大総務会

News Photo

自民党県連から離党勧告を受けた小渡亨氏が不服申し立てを行っている問題で、県連は30日に拡大総務会で対応を決める方針です。

次期衆議院選の3区の候補者をめぐって、現職の嘉数知賢氏に対して元県議の小渡氏が出馬を表明。このため嘉数氏側が県連に対し、小渡氏を除名処分とするよう求めましたが、県連は小渡氏に対し、離党勧告の処分を行っていました。

しかし離党勧告処分に納得しない小渡氏側は、処分は不当だとして県連に不服申し立てを行い、県連は30日の拡大総務会で小渡氏に対する最終の対応を協議しています。

拡大総務会では小渡氏支持の役員らの対応が注目され、協議の内容に関心が集まっています。


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.