2009年5月13日 18時45分

東都大学リーグ 東浜投手 無敗の4連続完投

大学野球の歴史を変えるルーキーの誕生です。去年春のセンバツ高校野球で、日本一のエースに輝きまだ記憶に新しい、沖縄尚学の東浜巨(なお)投手が、今年進学した亜細亜大学で大活躍!全国の注目を集めています。

東都大学野球にリーグの歴史を変えるルーキー誕生!それが亜細亜大学の東浜巨投手。先月、1年生として初登板したマウンドで34年ぶりの完封勝利を収めて以降、3試合連続完封。昨日は、神宮の歴史を塗り替える4試合連続完封がかかった一戦に異例の報道陣が詰めかけ、東浜のピッチングを見守りました。縦じまのユニフォームに身を包んだ東浜は前半は変化球を織り交ぜるピッチングで大記録に向け上々の立ち上がりを見せます。

チームも4回、4番中原の2ランホームランで2点を先制し東浜を助けます。さらに亜細亜大学は、守りでも東浜を援護。4回の裏、ランナー二人を置いて、5番バッターにレフト前へのヒットを許します。ついに1点献上かと思われましたが、これをレフトが好返球!ホームで刺して得点を許しません。

しかし、5回、立正の1年生で沖尚の元チームメイト金城圭右にこの試合初めてデッドボールを与え出塁を許すと

迎えた9番バッターに投げた変化球は、当たりそこねの討ち取った打球。ところが、これが大きく弾んでレフト前へのタイムリー。奇しくも元チームメイトが、完封記録を阻むホームを踏んで東浜のリーグ史上初の快挙達成はなりませんでした。しかし、失ったのはこの1点のみ。4試合連続完投記録を達成した東浜。大型ルーキーに全国の注目が集まります。

東浜巨投手「あくまで完封というのは結果なので、あまり意識はしなかったがやっぱり、試合に試合に勝つことが先発ピッチャーの第1条件だと思うので、それだけを意識してなげました」

この日、グラウンドには恩師の沖尚比嘉監督も見つめていました。次の登板は26日か、27日になりそうです。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.