2009年5月13日 11時44分

グアム移転協定 参院、反対多数で否定

News Photo

海兵隊のグアム移転費の日本側の負担割合などを定めたグアム移転協定が13日午前、参議院本会議で野党の反対多数で否決されました。

グアム移転協定は沖縄の海兵隊のグアム移転費の6割、およそ6000億円を日本側が負担することや普天間基地の辺野古への移設が中南部の基地の返還と抱き合わせであることなどが盛り込まれ衆議院では先月可決されています。

13日午前の参議院本会議では野党の反対が強く、反対多数で否決されました。今のねじれ国会を象徴するケースですが憲法では参議院と衆議院の意見が一致しなければ衆議院の議決が優先することが定められています。そのため、午後の衆議院本会議で河野洋平議長が協定の成立を宣言する見通しで、正式に国会で承認されます。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.