2009年12月15日

速報・辺野古でない場所を

速報です。鳩山由紀夫総理は15日夕方、アメリカ軍普天間基地の移設先に関し「名護市の辺野古でない地域を模索し、できれば決める状況をなんとしてもつくりあげたい」と述べました。

普天間 結論先送り 県内移設の不安も

結論は先送り。県内移設の不安は残されたままです。 普天間基地の移設について、政府は15日に与党3党による閣僚委員会を開き、現在の計画である辺野古も含めて移設場所を再検討することを決めました。 政府は15日朝、普天間基地の移設に関して与党3党の...続きを見る

結論先送り 県内の反応は

政府が先送りを決めた事を受けて、名護市と宜野湾市の市長は次のように述べました。 島袋名護市長は「県外といってもどこになるのかということをきちんと決めてほしい。県外とか国外とか言いっ放しはいけないと思う。どこにするのかということを言ってほしい。政...続きを見る

国内初 可倒式の風車

台風などの強風時に倒すことができる風力発電システムが国内で初めて波照間島に設置されました。 波照間島では14日に式典が行われ、関係者が送電開始のボタンを押すと風車が勢いよく回り始めました。 倒す事ができるこの風車は大型台風で風力発電設備が...続きを見る

特集 裁判員裁判始まる

ことし5月にスタートした裁判員裁判。全国ですでに一般の人が裁判員になって判決を出す裁判が行われています。県内では、初めての裁判員裁判がきょうから始まりました。これまでに、起訴されている対象となる事件は13件。その中の一号となったのは殺人未遂事件の被告...続きを見る

師走で準備と言えば…

2009年も残すところあと半月。来週はクリスマス、子どもたちにとってケーキやプレゼントと楽しみなイベントです。 それを前に、那覇市では児童福祉施設の子どたちにケーキを届けようとパティシエが集合しました。これは県洋菓子協会が歳末たすけあい運動とし...続きを見る

普天間で政府 移設先決定を来年に

普天間基地の移設方針について政府は15日午前、与党3党による閣僚委員会を開き、移設先の結論を来年に先送りして辺野古も含めて移設場所を再検討することを決定しました。 政府は15日午前、普天間基地の移設に関して与党3党の党首級による基本政策閣僚委員会を開き、...続きを見る

那覇地裁 裁判員選任手続き始まる

一般市民が刑事裁判に参加する県内で初めての裁判員裁判が、15日から那覇地裁で開かれます。15日午前、那覇地方裁判所には、裁判員候補者として招集された県民が訪れました。 記者の質問に候補者らは「初の試みなので緊張している」、「一応参加しようと思って...続きを見る

年賀状受け付け開始

2009年も残すところあと半月。郵便局では15日から年賀状の受け付けを開始しました。 このうち那覇中央郵便局では15日午前、セレモニーが行われ、郵便事業会社那覇支店の黒島弘充支店長が「元日に確実にお届けできるよう、なるべく早く出してください」と...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.