2009年10月14日

がんじゅうへの扉 新型インフル再流行に備えて

がんじゅうへの扉です。県内2人目の新型インフルエンザによる死亡者の発生からおよそ1ヵ月。夏場のピークは治まったものの今月に入って集団発生の数が増加傾向にあり、冬場にかけて再び流行が起こる可能性があると懸念されています。改めて新型インフルエンザの予防策について考...続きを見る

普天間爆音訴訟 裁判官らが現地を視察

来年春の判決が予想される普天間爆音訴訟の控訴審、新たな段階を迎えています。普天間基地周辺の住民らがヘリの騒音被害などを訴え、夜間の飛行差し止めなどを求めている裁判の控訴審で、福岡高裁那覇支部の裁判官らが基地周辺を視察しました。 住民側の説...続きを見る

学生服も沖縄仕様で

ホテルや空港では沖縄らしく涼しげなかりゆしウェアの制服を多く見かけますが、学生服にも快適で機能性を重視した制服が登場しています。 沖縄コレクションと名づけられた制服、特殊な素材やメッシュの裏地が使われ、沖縄の冬には厚すぎず、快適性を重視し...続きを見る

食文化の祭典

秋といえば、芸術の秋、スポーツの秋、そして食欲の秋。宜野湾市では沖縄の食文化を紹介するイベントが開かれました。 「沖縄料理と食文化の祭典」は沖縄料理のブランドを確立し、これを観光資源として生かそうとオキハムが開きました。 会場の沖縄コンベ...続きを見る

福岡高裁那覇支部 普天間基地周辺を視察

普天間基地周辺の住民らがヘリの騒音被害などを訴えて国に損害賠償などを求めている裁判の控訴審で、福岡高裁那覇支部の裁判官らが14日、基地周辺の視察を行っています。現地視察を行っているのは、福岡高裁那覇支部の河辺義典裁判長ら3人で、原告住民側の...続きを見る

「普天間」で北沢防衛大臣 方針出来るだけ早く出す

仲井真知事が13日午後に提出した辺野古での基地建設に関する知事意見に対し、北沢防衛大臣は13日夜、慎重に協議して出来るだけ早く政府の方針を出す考えを示しました。 13日午後、仲井真知事は、沖縄防衛局が作成した環境アセスの準備書に対し、...続きを見る

国営沖縄記念公園 海洋博と首里城で1億人

海洋博公園と首里城公園を運営する国立沖縄記念公園が13日、入園者1億人を達成しました。海洋博公園と首里城公園、合わせて1億人目の入園者となったのは、奈良県から家族の結婚式で初めて沖縄を訪れたという外山順子さんで、認定証と記念品が贈られま...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.