2009年3月2日

那覇新港 ドイツのクルーズ船入港

那覇新港にことし初めてとなる外国のクルーズ船が入港し、多くの外国人客が訪れました。2日午前7時前に那覇新港に入港したのはドイツのクルーズ船「デルフィン・ボイジャー」(2万3287t)です。「デルフィン・ボイジャー」の那覇への入港は初めてで、港では乗客およそ26...続きを見る

うちな〜ムーン こだわりの黒小豆くんぺん

きょうは宮古島産の黒小豆を使ったお菓子「小さなくんぺん」を紹介します。くんぺんは琉球王朝時代から続く伝統の銘菓。現在は行事などの大切な場で食べられる沖縄には欠かせない焼き菓子のひとつです。きょうはこだわりのクンペンを作っている小さなお菓子工房にお邪魔します。工...続きを見る

Theスポーツ 最終戦でつかんだホーム初勝利

昨年誕生し、日本リーグに初参戦したハンドボールの琉球コラソンが先週土曜日、ホーム沖縄で行われたリーグ最終戦を勝利で飾りました。今シーズンのコラソンを振り返ります!琉球コラソン・田場裕也GM「皆さんと一緒に、県民の皆さんと一緒に、日本一を目指していきますので、ど...続きを見る

県庁でコント お笑い大学院大学

沖縄科学技術大学院大学をPRしようと、県庁で笑いいっぱいのコント劇が催されました。このコント劇は現在、恩納村で設立準備が進んでいる沖縄科学技術大学院大学の概要をわかりやすく伝え、開学に向けてムードを盛り上げようと催されたものです。舞台ではお笑い芸人たちがどたば...続きを見る

北部工高と名護商高が閉校

2006年に名護商工高校に統合され、この春にそれぞれの歴史に幕を閉じることになった北部工業高校と名護商業高校の閉校式が2日に行われました。北部工業高校は今から40年前、名護商業高校は27年前に開校し、1日の卒業式で最後の卒業生を送り出しました。一夜明けて2日に...続きを見る

県議会委員会 不発弾対策条例を可決

1月に糸満市で起きた不発弾の爆発事故を受けて、県議会の総務企画委員会は2日、被災者の支援を目的とした基金に関する条例案を全会一致で可決しました。総務企画委員会で審議されたのは、不発弾対策安全基金条例案で、基金は国が内閣府の特別調整費から6億7500万円、県が7...続きを見る

ヤンバルクイナの保護に役立てて

ヤンバルクイナの保護に役立ててもらおうという募金の贈呈式が1日南風原町で行われました。ジャスコ南風原店で行われた贈呈式では琉球ジャスコの栗本健三社長などからNPO法人どうぶつたちの病院の金城道男理事に対し43万円余りが贈られました。この支援募金は琉球ジャスコが...続きを見る

自衛隊ヘリ 給油キャップ無いまま飛行

1日夕方、宮古島から那覇基地に向かっていた陸上自衛隊の輸送ヘリが、給油キャップが外れたままの状態で飛行していたことが分かりました。このヘリは陸上自衛隊西部方面航空隊に所属するCH−47JAで、1日午後4時に宮古島空港を出発し、午後5時20分ごろ那覇基地に到着。...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.