2009年2月25日

歌でもお別れ

24日に開かれた筑紫哲也さんを偲ぶお別れ会。2部構成で企画され2部は親交のあったミュージシャンたちが歌などで賑やかに筑紫さんをおくりました。「お別れ会」には大工哲弘さんや新良幸人さんなどのミュージシャンが参加、思い出話と歌を披露しました。筑紫さんは朝日新聞社の...続きを見る

Qリポート 原潜急増と放射能の危険

Qリポートです。アメリカ軍の原子力潜水艦のホワイトビーチへの寄港がこの数年急増していることは、以前にもお伝えしましたが、改めてこちらのフリップをご覧ください。去年、ホワイトビーチに寄港した原子力潜水艦の数は41隻と2006年までと比べると3倍近くに増え、神奈川...続きを見る

「反戦画家」の横顔に触れて

「原爆の図」や「沖縄戦の図」などで知られる画家丸木位里さんの水墨画展がおよそ2年ぶりに宜野湾市の佐喜真美術館で開かれています。「反戦画家」として知られる位里さんの別の横顔を見ることが出来ます。佐喜真美術館にある縦4メートル、横8,5メートルの巨大な絵「沖縄戦の...続きを見る

ホームレス支援で 寝具贈る

那覇市にあるホテルがホームレスを支援する団体に役立ててもらおうと入れ替えにより不要となった寝具を提供しました。寝具130セットを提供したのはかりゆし琉球ホテル那覇です。かりゆしグループではこれまでにもホテルで使われていた家具や厨房器具などを提供してきました。贈...続きを見る

民放3社とNHK 地デジ予備免許交付

先島地区の地上デジタル放送開始に向けて25日琉球朝日放送などに予備免許が交付されました。予備免許は、先島地区における地上デジタル放送用の中継局を早めの本放送開始に向けて整備するためのものです。交付式では沖縄総合通信事務所の金谷学所長が、琉球朝日放送など民放3社...続きを見る

ケニア沖漁船乗っ取り事件 人質となった久貝さん「全員で帰れてうれしい」

2008年11月、アフリカケニア沖で海賊とみられる武装グループに船をのっとられ人質となっていた、久貝豊和さんが24日帰国しました。那覇空港に到着した久貝さんは「私自身も食事は順調で、体のほうも順調だったです。船長として船員全員が一緒に帰れたことが一番うれしいで...続きを見る

2009年2月24日

速報 ケニア沖襲撃事件 久貝さん沖縄に戻る

2008年11月にケニア沖で海賊に襲われておよそ3カ月後に無事解放された久貝豊和さんが、24日夕方に那覇空港に到着しました。久貝さんは海賊に襲われた中国のマグロ漁船「天裕8号」の船長で、2月8日、乗組員とともに無事解放されました。

暑い!

24日は県内各地で夏日となり、那覇市では2月として最高の26.6度を観測しました。沖縄気象台によりますと、24日の最高気温は那覇市で26.6度、宮古島市では27.5度を観測し、いずれも観測史上、2月として最高気温を記録しました。那覇市の波の上ビーチでは砂浜で日...続きを見る

Hot Angle 小学生バトントワリング PL沖縄MBA

きょうのホットアングルは小学生のバトントワリングチーム「PL沖縄MBA」のみなさんに来ていただきました。スポーツと芸術の要素を併せ持つバトントワリングの魅力にせまります。とっても迫力があって小学生がやってる様にはとても思えなかたんですが、一番年下の学年はどの子...続きを見る

お別れ会 ありがとう筑紫さん

沖縄の声を全国に発信し続け、2008年11月に亡くなったジャーナリストの筑紫哲也さんを偲ぶお別れ会が那覇市で開かれました。会場の入り口には笑顔の筑紫哲也さん。那覇市民会館で開かれた「お別れ会」には午後4時の開場と同時に多くの人が訪れ、祭壇に折鶴を手向けました。...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.