2009年2月10日

大宜味村殺人事件 死体遺棄容疑で男2人送検

10日は旧暦の1月16日、あの世の正月と言われる十六日祭が各地で行われる日です。那覇市では、十六日祭を行う風習が残る離島出身の人たちが、ふるさとに向かって祈る姿が見られました。那覇市の西海岸、三重城には十六日祭に帰省できなかった人たちが訪れ、海沿いの岩場で線香...続きを見る

あの世の正月 十六日

10日は旧暦の1月16日、あの世の正月と言われる十六日祭が各地で行われる日です。那覇市では、十六日祭を行う風習が残る離島出身の人たちが、ふるさとに向かって祈る姿が見られました。那覇市の西海岸、三重城には十六日祭に帰省できなかった人たちが訪れ、海沿いの岩場で線香...続きを見る

Qリポート 高校生が結婚式をプロデュース

一流の観光地に出かけて結婚式をあげる。リゾートウェディングのニーズが高まっていて、沖縄観光業界にとってもその重要性は増すばかりです。そんな中、観光産業に携わる人材の育成にとりくむ浦添商業高校の生徒たちが、本物の結婚式と披露宴のプロデュースに挑戦しました。参列者...続きを見る

来春卒業の学生たち 就職活動早くも本格化

2010年春に卒業予定の大学生の就職活動が早くも本格化しています。人材サービス大手のリクルートの合同企業説明会が10日に宜野湾市で開かれました。この合同企業説明会はリクルートが2008年から開催しているもので、県内外から36社が参加しました。対象は、2010年...続きを見る

少雨傾向続く 座間味村きょうから制限給水

2008年12月からこれまで少雨傾向が続いています。座間味村ではダムの貯水率が40パーセントを下回り、10日から夜間の給水制限が実施されます。座間味島の集落の北にある座間味ダムの10日の貯水率は39.7%。貯水率が40%を切るのはおととしの3月以来およそ2年ぶ...続きを見る

那覇市小禄で火事 アパートの1室全焼

10日夕方、那覇市小禄のアパートで火事があり、1部屋が全焼しました。けが人はいませんでした。10日午後4時半すぎ、那覇市小禄3丁目のアパートの住人から「3階から火が出ている」と通報がありました。通報した人が消火に当たりましたが火はおさまらず、消防車など10台が...続きを見る

政府「不発弾基金」創設へ

1月に糸満市で起きた不発弾の爆発事故を受けて政府は10日、被害を救済するための「沖縄県不発弾対策等対策安全基金」を3月に創設することを発表しました。発表された基金は、不発弾事故の補償や今後義務化される県内の公共工事での磁気探査の費用に充てるためのものです。財源...続きを見る

函館の食の魅力がいっぱい

かにやいくらほたてにいかと北の味覚満載の函館の物産と観光展が10日から那覇市のデパートで始まりました。初日はオープニングとして150人にラーメンが配られたり新巻鮭が1000円で販売されることもあり150人以上の行列ができました。会場には函館朝市などから全部で3...続きを見る

沖縄市 緊急雇用の臨時職員が初仕事

景気の悪化で仕事を失った人たちを救済しようと沖縄市が採用した臨時職員が9日から商店街の清掃作業を始めました。沖縄市の一番街商店街では9日店主たちが激励に駆けつける中、これから2ヵ月間落書き消しなどの清掃業務を担う臨時職員4人が初仕事に臨みました。沖縄市は、企業...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.