2009年1月15日

航空自衛隊F-15 撤去求め抗議集会

F-4戦闘機との交換を理由に、1月から航空自衛隊那覇基地に配備されたF-15戦闘機の撤去を求める抗議集会が15日に開かれました。航空自衛隊では現在、那覇基地に配備しているF-4戦闘機の老朽化を理由に、茨城県の百里基地からF-15戦闘機20機を段階的に移し、交換...続きを見る

おじいちゃんおばあちゃんの命の薬 上原ミネコさん 金城明子さん 喜名セツさん

今日は、浦添市で健康体操を習っている元気なおばあちゃん達3人を一挙に紹介します。指導員・与那嶺さん「伸びて、伸びて天井までつきます。そして息を止めて、1,2,3,ふー」こちらで行なわれているのは健康体操教室。みなさん一生懸命からだを伸ばしています。このなかで特...続きを見る

雪だるまが届いたよ

ここ数日寒い日が続いていますが、もっともっと寒い北国から、今年も沖縄の子どもたちに雪のプレゼントが届きました。これは福島と沖縄の交流事業として始まったもので、今回で7年目です。15日午後、雪だるま親善大使の猪苗代町立翁島小学校6年生の岩下郁美さんが那覇市立真和...続きを見る

緊急取材 不発弾対策 現状と課題

きのう糸満市で起きた不発弾爆発事故。県内では毎日と言っていいほど不発弾が発見されますが、工事の前に不発弾の探査を行うかどうかは、県や市町村、民間の事業主に任されています。不発弾と向き合う現場を取材しました。きのう糸満市で爆発した不発弾。爆風で重機をも破壊しまし...続きを見る

国が工事本格化 泡瀬干潟に土砂投入

公金支出の差し止めを命じた那覇地裁の判決をよそに、国は15日、泡瀬干潟埋め立て予定の海域に土砂を投入し、工事を本格的に開始しました。この事業は、泡瀬干潟を埋め立ててリゾート開発などを行う計画です。15日午後、第1区域95ヘクタールのうち、堤防で囲まれた69ヘク...続きを見る

安全運転と防犯の徹底を

年末年始に頻発したタクシーの交通事故や大阪での強盗事件を受け、県タクシー協会は15日に緊急の事業者大会を開催しました。大会には、本島にある120のタクシー会社の管理者や代表者が参加しました。タクシー協会の伊集盛先会長は「ちょっとした不注意が悲惨な事故に繋がるこ...続きを見る

泡瀬干潟 きょうから本格土砂投入

那覇地裁が県などに埋め立てのための公金差し止めを命じた沖縄市の泡瀬干潟で、15日から本格的な埋め立て作業が始まりました。この事業は、中城湾港新港地区の浚渫土砂を利用し、泡瀬干潟を埋め立てて、リゾート開発などを進める計画です。工事は15日朝から始まり、新港地区の...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.