2008年10月31日 18時28分

集団自決訴訟 2審も「軍の関与」認める

News Photo

集団自決に関する記述を巡り、日本軍の元隊長らが作家の大江健三郎さんなどを訴えた裁判で大阪高裁は31日、1審を支持し、元隊長側の訴えを退けました

この裁判は沖縄戦当時座間味島の守備隊長だった梅澤裕さんらが大江健三郎さんの「沖縄ノート」で「集団自決を命じた」と書かれ、名誉を傷つけられたとして出版の差し止めなどを求めていたものです。

判決で大阪高裁の小田耕治裁判長は「集団自決に日本軍が深く関わっていることは否定できない」として、原告の訴えを棄却しました。

集団自決で家族を失った金城重明さんは「ほっとしたという気持ち。当然の結果だ。歴史教育の根幹に関わる重要なことで非常に良かったと喜んでいる」と話しています。

判決を受け、元隊長側は最高裁判所に上告することを決めています。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.