2008年8月29日 19時54分

平良産廃訴訟 最高裁 住民の上告を棄却

News Photo

2001年に宮古島市平良の産廃処分場で発生した火災を巡り、住民らが県などを訴えていた裁判で、最高裁は住民側の上告を棄却、住民の敗訴が確定しました。

裁判では、現場近くに住む住民71人が長期間にわたる煙や悪臭で健康被害を受けたとして、業者と県に損害賠償を求めていました。

一審判決で那覇地裁は、業者側の責任のみを認め損害賠償の支払いを命じましたが、住民らは県が違法な操業を黙認していたとして、控訴、上告していました。

20日の最高裁第二小法廷では、上告の理由がないとして訴えを棄却。住民の敗訴が確定しました。

原告代表の下地博和さんは「判決は無念の極み。行政は今後、条例を作って住民や環境を守ってほしい」とコメントしています。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.