2008年7月30日 19時54分

温暖化対策 行政と市民で協議会設立

News Photo

地球規模で深刻な問題になっている温暖化に対して、行政と市民が連携して取り組む協議会が30日、那覇市で発足しました。この協議会は那覇市と市民、また環境NPOなどが連携して地球温暖化対策を推進しようと設立されました。

今から11年前に議決した京都議定書で、日本政府は2012年までに温室効果ガスの排出量を6パーセント減らすと宣言しましたが、排出量はこれまでで逆に8パーセント増加しています。

那覇市ではこの目標よりもさらに厳しい9.9パーセントの温室効果ガスの削減を目指しています。

協議会では今後、環境にやさしいエコドライブの講習会や温暖化対策の出前講座などを積極的に展開していきます。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.