2008年6月13日 18時28分

「沖縄指笛」県人会へ

News Photo

ブラジルとアルゼンチンの移民100周年を記念して、現地の県人会の人たちに「沖縄指笛」が贈られることになりました。

沖縄指笛は素焼き製で、一つ一つが手作り。簡単に指笛そっくりの音を出すことができ、手の動かし方で様々な音色が奏でられるなど、お土産物としても最近人気が高まっています。

この笛を開発したNPO法人アンビシャスの迫幸治理事長から県を通して、ブラジルとアルゼンチンの県人会に合わせて100個が贈られることになりました。

13日、迫理事長らから沖縄指笛を託された県観光商工部の松本参事は「移民の3世や4世で指笛ができる人はほとんどいないので、この沖縄指笛で沖縄のアイデンティティを感じてほしい」と話していました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.