2008年12月19日

北谷町議会 F22配備即時中止求め決議

アメリカ軍が最新鋭のF-22戦闘機12機を2009年1月、嘉手納基地に配備させると通告してきたことに対し、北谷町議会が抗議決議を全会一致で可決しました。嘉手納基地報道部は2009年1月から3カ月間、アメリカ本国からF-22戦闘機12機と250人の兵士らを嘉手納...続きを見る

2008琉球の変CHANGE 安心を守るための課題は-事件・事故-

シリーズでお伝えしている「2008琉球の変」。ことしの沖縄も悲惨な事件事故が多発しました。繰り返される事件事故から見える課題を考えます。久田記者です。繰り返された悲劇。2月に発生した海兵隊員による少女暴行事件。当時38歳の容疑者の卑劣な行為に、県民の怒りは増幅...続きを見る

夢求めて長蛇の列

不景気だからこそなのでしょうか年末ジャンボ宝くじ販売最終日の19日売り場には夢を求めて長蛇の列ができました。西原町にある売り場では過去3年で1億円の当選番号が5回出た売り場として紹介されたのをきっかけに連日長蛇の列ができるようになりました。宝くじを買いに来た人...続きを見る

交通安全県民運動 飲酒運転しないさせない

あわただしくなる年末年始を迎え19日交通安全を呼びかける県民運動の出発式が県警本部で行われました。出発式には、2008年北京パラリンピック車いすマラソンで銀メダルを獲得した上与那原寛和さんがゲストとして招かれ、「飲酒運転しないさせない地域の輪」のスローガンを掲...続きを見る

銃弾事件で県議会 実弾射撃訓練中止求め決議

金武町の銃弾事件について県議会は19日アメリカ軍に対し実弾射撃訓練の中止などを求める抗議決議と意見書を可決しました。県議会米軍基地関係特別委員会の渡嘉敷喜代子委員長は「キャンプハンセンでの実弾射撃訓練を直ちに中止し、事故の原因等の全容を解明するため取り組むよう...続きを見る

金武町伊芸区の銃弾 米軍使用のものと同型

アメリカ軍は19日までに金武町伊芸区で発見された銃弾と同じ種類の弾を現在も訓練で広く使用していることを認めました。しかし伊芸区で発見された銃弾が軍のものかどうかはまだ調査中としています。これはQABの取材に海兵隊が答えたものです。海兵隊は12月17日に軍の装備...続きを見る

雇用不安 仲井真知事がトヨタ自動車に要請

景気の悪化で県出身の派遣労働者が大量に解雇されている問題で、仲井真知事は18日に愛知県のトヨタ自動車を訪ね、雇用の継続などを要請しました。自動車関連産業が集中する愛知県には県出身の派遣、出稼ぎ労働者が2万人以上いると言われていて、その多くが景気の悪化により大量...続きを見る

実弾事件で県議会 実弾射撃訓練中止求め決議へ

県議会は19日の最終本会議で、金武町伊芸区で銃弾が見つかった事件について、アメリカ軍に対し実弾射撃訓練の中止などを求める抗議決議と意見書を全会一致で可決しました。最終本会議では、13日に金武町伊芸区で銃弾が見つかった事件を受けて、キャンプハンセンでの実弾射撃訓...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.