2008年11月25日

大きな夢託して

毎年恒例の年末ジャンボ宝くじが、25日から全国一斉に発売されました。1等と前後賞合わせて3億円。1等2億円は70本、2等1億円が140本で、合わせて210人の億万長者が誕生します。那覇市の売り場には発売初日ということもあり、多くの人が宝くじを買い求めていました...続きを見る

Qリポート ヘリが墜ちた日

ことし、沖国大の学園祭で企画されたひとつのイベント。学年も異なる彼ら35人の学生が取り組んだのは、4年前のアメリカ軍ヘリ墜落事故をテーマにした演劇でした。事故を体験した学生たちはすでに大学を卒業。イベントに取り組む学生たちにとって、事故の記憶はテレビで見たニュ...続きを見る

県議会 セスナ機事故、抗議決議へ

10月に名護市でアメリカ軍所属のセスナ機が墜落事故を起こした問題で、県議会は25日に軍関係特別委員会を開き、事故に対する抗議決議と意見書を本会議に提案することを決めました。軍特委は10月24日、名護市真喜屋のサトウキビ畑にアメリカ軍所属のセスナ機が墜落した事故...続きを見る

犯罪被害者の支援を考える

犯罪被害者が置かれている立場を理解し、支援の必要性について考えようというフォーラムが25日に那覇市で開かれました。これは11月25日から12月1日までが「犯罪被害者週間」にあたることから県警が開きました。このなかで県被害者支援ゆいセンターの支援員・田中しのぶさ...続きを見る

泡瀬埋め立て事業 推進、反対 双方が要請

一審判決で県と沖縄市に公金の支出差し止めを命じた泡瀬干潟訴訟。県や市が対応を協議する中、事業反対派と推進派が相次いで沖縄市に要請しました。控訴を断念するよう要請したのは泡瀬干潟を守る連絡会と日本自然保護協会、世界湿地ネットワークの3団体のメンバーです。メンバー...続きを見る

お歳暮商戦スタート

2008年もお歳暮シーズン到来です。那覇市のデパートでは特設売り場を設置し、お歳暮商戦がスタートしました。デパートにとって年末にむけたこの時期は1年で最も売り上げが期待されるとあって従業員全員で気勢をあげ、お歳暮売り場をオープンしました。売り場はこれまで以上に...続きを見る

県議会 鳥島射爆場等 返還を要求

県議会は25日、経済労働委員会を開き、アメリカ軍の鳥島射爆場の返還と、本島東の訓練水域の一部返還を求める意見書と決議を全会一致で採択しました。県議会がアメリカ軍の訓練空域と水域の返還を求める決議を行うのは今回が初めてです。採択された意見書と決議は、本島東に設定...続きを見る

緊急総合経済対策 雇用医療等 総合的に支援

景気の低迷や原油高騰で経営に苦しむ中小企業などの支援策を検討する会議が25日、県庁で開かれました。会議は、仲井真知事が具体案を出すようにと11月14日に続き開かれたもので、県の各部局長など12人が出席、中小企業や農家、漁業者に対する資金や制度面での支援策を話し...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.