2008年11月11日

老舗の味と技

那覇市のデパートでは京都の老舗の食や工芸品を集めた物産展が始まり、多くの人でにぎわっています。「京都の老舗のつどい」展はことしで17回目で、食品や工芸品など合わせて56店が出店しています。生八橋や鯖ずしといった定番のものから、今回初出店のレストランの一日100...続きを見る

Qリポート サンゴ再生に挑む企業

沖縄本島周辺のサンゴは9割が消えたといわれていますが、10年前の大規模なサンゴの白化を乗り越えた日本最大のサンゴ礁海域・石西礁湖が、今かつてない危機に陥っています。去年の夏、98年を上回る規模の白化に襲われ、すっかり様相が変わってしまいました。その石西礁湖でな...続きを見る

「税金」の役割を理解しよう

子どもたちに税金の役割を理解してもらおうと、那覇税務署で11日に子ども税金教室が開かれました。那覇税務署には南城市の船越小学校の6年生41人が訪れました。子ども達はビデオを見たり、署内を見学したりして税金はどんなことに使われているのか、税務署ではどんな仕事をし...続きを見る

正しく使って事故防ごう

日常使う製品を安全で正しく使ってもらうことで事故をなくそうというセミナーが、消費者や事業者を対象に那覇市で開かれました。このセミナーは、経済産業省が去年3月から毎月第2火曜日を「製品安全点検日」として、全国で開いています。沖縄での開催は今回が初めてで、会場には...続きを見る

「介護の日」で理解求める

誰もが健康で長生きしたいとは思っているものの、高齢化に伴い深刻さを増しているのが老人医療費や介護の問題です。現在、県内で介護保険の「要支援」や「要介護」を受けている人の数はおよそ4万8000人に上り、年々増える傾向です。ことしから制定された介護の日の11日、県...続きを見る

青森の物産展 東北の海と山の幸

甘酸っぱいりんごや、東北の海の幸を一堂に集めた青森の物産と観光展が11日から那覇市のデパートで始まりました。11日はオープニングとしてりんごが3玉100円で販売されるとあって朝から長蛇の列ができました。会場には35の店舗が軒をつらね、看板商品のりんご甘酸っぱい...続きを見る

障害児支援施設へ 学習システム提供

基礎学力の学習に役立ててもらいたいとパソコンの学習システムを、開発した企業が10日ソフトとパソコンを沖縄市の障害児支援施設に贈りました。贈呈式は障害を持つ児童生徒の学童保育を行っている施設で行われ、教科書の内容が学べるパソコン学習システムとパソコンが贈られまし...続きを見る

アマチュアゴルフ選手権大会 老若男女が腕競う

幅広くゴルフを楽しんでもらおうと11日、沖縄アマチュアゴルフ選手権大会が今帰仁村で始まり、およそ150人の県内のアマチュアゴルファーが腕を競っています。この大会は生涯スポーツとしてのゴルフを幅広い年齢層に定着させようと、開かれているもので2008年で5回目。大...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.