2008年10月8日

警察と金融機関が連携

県内で強盗事件が相次ぐ中、8日名護市の銀行で、強盗事件を想定した、訓練がありました。訓練には、行員や警察官およそ40人が参加しました。2人組の男が銀行に押し入り、店内にいた女性客を人質に、300万円を奪って逃げるという想定です。犯人を追いかけた行員は、車に向か...続きを見る

リゾート地で愛を誓う

沖縄観光はことしも順調で観光客の数も増えているんですが、県が誘客に力を入れているのが、沖縄の青い海と空を売りにしたリゾートウェディングです。8日は全国でリゾートウェディング事業を展開し、沖縄でも先駆けとなった企業がプロデュースする一万組目のカップルがきょう誕生...続きを見る

日米合同訓練 海上でけが人の救助確認

海上での実施は今回が初めてです。アメリカ軍機が海に墜落したことを想定した日米合同訓練が8日本島近海で実施され、ケガを負った漁師の救助方法などを確認しました。訓練は、嘉手納基地に向かって飛行中のアメリカ軍機が鳥の群れに遭遇し、複数の鳥がエンジンに吸い込まれて操縦...続きを見る

学力向上の方法を探る

最下位返上に向けた取り組みです。児童生徒の学力向上の方法を探ろうと那覇市の小中学校の校長が集まり検討会を開きました。この会議は那覇市教育委員会が開いたもので市内の小中学校の校長53人が参加しました。4月に実施された学力テストで沖縄県は全国で最下位。那覇市は県内...続きを見る

おおいた国体 中部徳洲会病院チームが凱旋

おおいた国体の男子9人制バレーボールで2年連続の優勝を果たした中部徳洲会病院の選手たちが10月7日夜に沖縄に戻り、空港で多くの職員たちが出迎えました。中部徳洲会病院は、おおいた国体に成人男子9人制バレーボールの沖縄代表として出場。7日の決勝で宮城代表をストレー...続きを見る

本部町 幻想的な世界 クモの巣アート

植物やクモの巣を使って絵画を制作する仲程悦子さんの作品展が10月8日、本部町で始まりました。仲程悦子さんは、木々の間などに張られたクモの巣を利用する独特の手法で絵画を制作。会場には植物を使って描いた風景画やクモの巣の網目模様をデザイン化した作品が並んでいます。...続きを見る

辺野古基地計画で県 住宅地上空も飛行

名護市辺野古への新基地計画で県の上原知事公室長は10月8日、「やむをえない場合は軍用機が住宅地の上空を飛行する」との見解を示しました。8日午前10時に開会した県議会米軍基地関係特別委員会で、名護市辺野古への新基地建設計画について玉城義和委員は、「V字型滑走路に...続きを見る