2008年7月29日

科学技術大学院大学 運営方針を協議

2012年の開学を目指している沖縄科学技術大学院大学の運営方針などについて話し合う委員会が29日、恩納村で開かれました。委員会にはノーベル賞受賞者でもあるシドニー・ブレナー理事長や仲井真知事も出席し、沖縄科学技術大学院大学の4年後の開学に向けた作業の進捗状況が...続きを見る

真夏の夜のぶつかり合い

南風原町でプライドをかけた熱い戦いが行われました。7月28日夜に行われたのは南風原町の喜屋武の綱引き。毎年、旧暦の6月25日、26日の2日間、行われています。広場で、綱を持った東の若者が来るのを西の若者が待ち構え、その後、棒術やぶつかり合いをします。更に、縄を...続きを見る

中継 うちな〜散策“樹の上の大冒険”

今回は森の中に突如現れた大冒険スポット、その名もフォレストアドベンチャーから中継です。森林浴もできればターザンのように空中散歩ができるスリル満点のアトラクションも。そのアトラクションにスポーツの河合アナウンサーが挑戦します。

地下鉄サリン事件から13年 犯罪被害者の実情訴える

1995年の地下鉄サリン事件で夫を亡くした高橋シズヱさんが29日、那覇市で講演し、犯罪被害者にとってどんな支援が必要なのかを訴えました。「亡くなった家族と悲しいという感情で過ごす時間は全くなかった」と語る高橋シズヱさん、13年前の地下鉄サリン事件で営団地下鉄霞...続きを見る

燃油高騰で政府 業業者に745億円の支援

政府は、燃料費の高騰を受けた漁業者の支援のため、総額745億円にのぼる支援策を28日にとりまとめました。支援策の柱は燃料費の直接補てんで、これは従来より10%以上燃料の消費を抑えた省エネ操業を行っても、燃料費の高騰分をカバーできない漁業者に対して、高騰分の9割...続きを見る

県議会野党 決議文携え政府に要請

名護市辺野古への新基地建設に反対する決議を行った県議会は、日米両政府に基地建設を断念するよう要請するため、29日に東京入りしました。要請団は、県議会5つの野党会派の代表5人です。出発を前に那覇空港で、新里米吉団長は「県民の圧倒的多数の支持を得た決議であると、意...続きを見る

温暖化で砂浜なくなる

地球温暖化に関する講演会が28日沖縄気象台で開かれ、温暖化が今のペースで進めば沖縄の砂浜がすべて無くなる可能性が指摘されました。この講演会は沖縄気象台が気象情報に関心を持ってもらおうと年に2回実施しています。この中で、気候アクションセンターおきなわの若林真也さ...続きを見る

高齢者虐待をなくそう

高齢者虐待をなくそうと専門的な知識やノウハウを持った弁護士などを市町村に派遣するための契約が県社会福祉協議会と専門家の間で交わされました。これはおととし施行された高齢者虐待防止法に基づく事業の一環です。高齢者虐待の相談窓口となっている市町村に対し緊急性があり解...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.