2006年9月12日

あすの予定

飲酒運転撲滅対策の一環として、損害保険会社による「飲酒運転(擬似)体験教室」が宜野湾市で開かれます。「検証!動かぬ基地」は読谷村にある瀬名波通信所地主の思いと跡利用についてお伝えします。小学生クラス対抗「30人31脚」はうるま市の宮森小学校を紹介します。QAB...続きを見る

Theスポーツ 30人31脚2 久部良小学校

昨日からお伝えしている小学生クラス対抗30人31脚学校紹介。2校目のきょうは、日本最西端から初挑戦与那国島・久部良小学校の子どもたちの登場です。沖縄本島から500キロ。人口およそ1700人。日本で最後に夕日が沈む島、与那国島。島に3つある小学校の中でも最も西に...続きを見る

Qリポート 一刻も早く患者の元へ

今月9日は救急の日、県内ではさまざまなイベントがひらかれ、救急医療の重要性を訴えています。一分でも一秒でも早く救急措置をほどこすために、医療関係者の新たな取り組みが県内で始まりました。比嘉雅人記者のリポートです。「おじさん、おじさん!どうしたの?おじさん!誰か...続きを見る

求む!即戦力 福祉施設就職面接会

施設側が求めるのは意欲よりも即戦力です。福祉の仕事に興味がある人を対象にした就職フェアが宜野湾市で開かれました。福祉の就職総合フェアには求人を行う特別擁護老人ホームや保育所など24の施設がそれぞれ専門のブースを設けて就職希望者を面接しました。参加した専門学校の...続きを見る

飲酒運転撲滅へ 全国一斉取締り強化

飲酒運転撲滅へ初の試みです。伊平屋村で学校職員が死亡事故を起こすなど、全国で飲酒運転による悲惨な事故が相次いでいます。そのため警察庁では今日から一週間を全国一斉飲酒運転取締り強化週間に指定して、県内でも主要幹線道路などでの取締りを強化します。県内では先月、伊平...続きを見る

現代の名工 城間栄順さんの作品展

現代の名工で、紅型の伝統技術の継承と発展に努めている城間栄順さんの作品展が那覇市で開かれています。城間さんは戦後55年あまりにわたって紅型一筋に創作活動を続けていて、現在では紅型保存会会長などの要職をつとめる傍ら、県立芸術大学や自身の工房で後進の育成にあたって...続きを見る

「普天間」跡地利用 検討委、正式にスタート

普天間基地の返還後の跡地利用計画策定に向けた基礎調査検討委員会がきょう、正式にスタートしました。この検討委員会は、ことし2月に県と宜野湾市が共同で策定した跡地利用基本方針を踏まえ、具体的な取り組みの内容や手順、役割分担を示す行動計画を策定するために設置されまし...続きを見る

きょうから飲酒運転取締り強化

全国的に飲酒運転による悲惨な事故が相次ぐ中、県警はきょうから一週間を飲酒運転取締り強化週間に指定して、主要幹線道路などでの取締りを強化します。県内では先月、伊平屋村で学校職員が飲酒運転し死亡事故を起こしたほか、飲酒運転での検挙件数は今年7月末現在で5169件と...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.