いざ甲子園へ!興南ナインが出発

来月5日に開幕する第100回全国高校野球選手権に県代表として出場する興南高校のナインが、甲子園に向けて出発しました!

7月31日昼すぎ、那覇空港に姿を見せた興南ナイン。出発前に行われた壮行激励会には、保護者や学校関係者など大勢の人が集まりました。

50年前の夏、当時、興南のキャプテンとしてベスト4まで勝ち進んだ我喜屋優監督は「100回大会に向けて、県民そして我々野球部気持ちはひとつでございます。さらに心技体を充実させ、一歩一歩階段を上って頂点を目指したいと思います」と記念大会への特別な思いを語りました。

また、県高野連の岩崎勝久会長は「去年の甲子園で果たせなかった目標や夢を果たしてほしい」と選手たちを激励しました。

壮行会で興南の仲村匠平主将は「やっと来たなという感じでみんな楽しみにしている。甲子園の試合まではまだ時間あるので、自分たちがやるべきことを考えて練習していきたいと思います」と話し、沖縄大会決勝戦のマウンドに立った宮城大弥選手は「甲子園ではしっかり自分たちの野球を通して1戦1戦頑張っていくので、応援よろしくお願いします」と話しました。

全国56校が出場する記念大会は、8月2日に組み合わせ抽選会が行われ、興南の初戦の相手が決まります。

Top